ブログタイトルは考え中

青森県弘前市HULA STUDIO MOANI主催してます

月1クラスは一番ハードなクラスです

今日は、私(@chankiki_chan)が主宰するフラダンス教室の

いちばんお問い合わせの多い月1クラスを紹介します。

 

このクラスはできた当初からお問い合わせがとても多く

ありがたいことにすぐ満席になりました。

ありがとうございます!!

 

このクラスは、月1回のレッスンで毎週通ってる他クラスの生徒と

同じくらい踊れるようになることを目標としています。

 

正直、このクラスの生徒が教室の中でも一番大変だと思います。

月1回しかレッスンがないので

めちゃくちゃ集中したレッスンを受けて、

次の月まで忘れないよう練習してきてくれる

ガッツある生徒にいつも感謝しています。

 

月1回、ゆっくりまったりを期待している方には

びっくりなレッスンになっていると思います。

 

おかげで近隣市町村の他、

秋田県大館市鹿角市からも通ってくれる

人気クラスになりました。

 

イベントにも積極的に参加してくれる生徒も多く

毎月みんなのやる気に答えるのが楽しみです。

 

 

大人からこどもまで

ステップの踏み方、曲の意味、手や顔の角度

まで細かくレッスンしていきます。

 

文字だけではレッスンがどんな感じなのか伝えきれないのがもどかしい。。!笑

 

月1クラスが始まった当初は、

月1回でどこまで伝えきれるのか私にとっても挑戦でしたが

約1年クラスを運営してみて気づけば

熱量のあるクラスになっていました。

 

現在は満席ですがまた空きが出たら生徒募集の案内を出そうと思います。

 

今月は風邪や結婚式で半分以上がお休み。こういうときは、ベーシックの見直しを2時間みっちり集中して頑張りましたー!

f:id:omochilog:20191105172744j:plain

HULA STUDIO MOANI

 

ロゴに込めた思いー屋号はどうやって決める??ー

f:id:omochilog:20191031133602j:image

 

私(@chan_kikichan)が主宰するフラダンス教室

HULA STUDIO MOANI

いい香りのする風という意味です。

 

一人一人が帆を広げて人生の航路を進んで行く中で、

いい香りの風に背中を押されてより人生が繁栄ほしい

という願いを込めてつけました。

 

中心には自分を表す帆を張った船

海の波は人生を表しています

船の周りに漂うのは人生の後押しをしてくれるいい香りの風

そして大昔から人の暮らしとは切っても切れない月。

 

欲張りなロゴだけど、デザイナーさんがかわいくつくってくれて

とても満足しています。

 

f:id:omochilog:20191031154200j:plain

HULASTUDIOMOANI

作ってくれたデザイナーさんは

地元アイドルりんご娘。のCDジャケットをなどを

手がける方につくっていただき感謝の嵐です。

 デザイナーの太田さんのHPです。ぜひ覗いてみてください↓

www.og-chance.com

 

 

教室を主宰するにあたって避けては通れない

名前を決めるということ。

 

他の個人事業主含め起業家はどうやって決めてるんだろう。

 

ハワイ語の辞書をめくりながら、本当に悩みました。

見れば見るほど魅力的なハワイ語はたくさん出てくるし、

自分のセンスのなさも痛感するし、どんどん日付は過ぎていくし。

焦りが募るばかり。

 

ハワイ語って、とってもやさしい言葉がたくさんあって

どれかに絞るのはほんとうに難しかったです。

名前を決められる人たちって本当にすごい..!

 

何日か考えるのをやめたのち、

ハワイ語の辞書をぱらぱらめくって目に止まったのが

 

MOANIでした。

 

私は、たくさんのことを一度にやりくりできるような

器用さは兼ね備えていないことを教室をスタートする時に

改めて感じました。

 

すごい人は世の中にたくさんいるし、

比べたらきりがないんだけど

やりたいことをわたしは少しづつ表現していく。

その一歩が教室の名前だったのかなと今振り返ると思います。

 

前回の記事でも書いたように

小さな箱の小さなチャレンジを積み重ねていって

教室も私も成長していきたいです。

 

しょぼい起業で生きていく

しょぼい起業で生きていく

 

 

 

こちら前回の記事↓

moani.hatenadiary.com

 

 

主宰するフラダンス教室について

f:id:omochilog:20191031115108p:plain

青森県弘前市でフラダンス教室やってます

 


小学5年生、中学2年生、高校2年生の時にはまったジャンルは

1度目が覚めても再燃しやすい

 

っていうツイート見つけて納得。

 

 

フラダンスを知ったのは中学2年生。

それからずっと好きだもんね。

 

目次

 

 

HULA STUDIO MOANI

 

私(@chan_kikichan)が青森県弘前市で主宰してる

フラダンス教室HULA STUDIO MOANI

大好きが続いたのち誕生した小さな夢の箱です。

 

本当に小さい。

 

大人が6人並ぶとぎゅうぎゅう。

 

1年前の私は、ぎゅうぎゅうのクラスがいつかたくさん作れたらいいな

それで少しずつ大きい箱にしていけたらいいなって思ってました。

 

ありがたいことに、いまは6クラスあって

ぎゅうぎゅうになってきました。

 

週1度、レッスンに来てクラスメイトと一緒に

フラの美しさと強さに触れていただきながら

美しく踊れるようになることをモットーにしています。

 

1クラスに入れるのはたったの6人。

 

妥協できないレッスン内容を1番に優先して

 6人と言う少人数のレッスンをしています。

 

6人という数字は私にとっては大きなチャレンジ。

そのチャレンジが着実に実を結び

少しづつではありますが生徒が増えてきているのはとっても嬉しいです。

 

フラは曲が伝えていること(伝えたいことを曲にして)を

表現する踊り。

 

もちろん曲の理解が必要だし

みんなが1つになる必要もあると思ってます。

 

手の高さ、顔の向き、角度、タイミング全てが揃って

美しさが出来上がるという感じかな。

 

私はそこをどうしても妥協したくなくて

レッスンには力が入るのだけど

それは生徒さんがいるから出来ること。

 

私のレッスンを受けたくて教室に通ってくれてる生徒には

本当に感謝しかないです。

 

生徒の動機はいろいろ

 

  • ハワイで見てやってみたかった
  • 癒し効果があるって聞いて体験レッスンにきたら本当に癒された
  • 踊っている先生を見てやってみたくなった

 

などなど。

私の教室に通ってる生徒はほとんどの方が未経験からのスタート。

 

私が6人っていう少人数も大きなチャレンジに感じたように

新しくなにかを始めることは誰にとっても

大きなチャレンジだと思います。

 

チャレンジをする人をMOANIを通して応援していけたらいいな。

 

って思いながら、毎週生徒に会えるのを楽しみにレッスンをしてます。

 

実際に送られてきた生徒の声です。

f:id:omochilog:20191031115643j:plain

実際に送られてきた生徒の声です

 

 こうして送って来てくれるのは

私の励みにもなりとても嬉しいです。

 

より良いレッスンができるよう、頑張っていきたいとおもいます。

 

自己紹介

f:id:omochilog:20191029204640j:plain

ブログ自己紹介

 

自己紹介

KIOKO(@chan_kikichan)

青森県弘前市でフラダンス教室HULA STUDIO MOANIを主催してます。

カフェと猫がすき。

ほぼ日手帳ユーザー。

 

学生の頃からブログを書いてきたけど

ここ数年はブログをお休みしたのち、削除。

けれどまた書きたい欲が湧いたので、欲のままに始めます。

 

このブログでは、

  • 教室のこと
  • 日々の徒然
  • 弘前市を含め青森の好きなところ

を書いていきます。雑記ブログです。

 

ブログを始めるきっかけ

きっかけは昨日(10月28日)の新月

 

新月はなにかを始めるのにいいタイミングであると同時に

必要なひらめきもくれます。

 

教室を主催する中で、

  

  • 発信し続けなきゃいけない
  • 映えてる写真を載せなきゃいけない
  • キラキラしなきゃしなきゃいけない

 

などなど、〇〇しなきゃいけないっていう幻に囚われてプレッシャーになり

なにを発信すればいいのかもわからなくなっていたので

ブログを書くという選択肢はなかったんですが

 

学生の頃みたいに個人のブログを書いてみたら?

 

というひらめきが降ってきて

それが妙にしっくりきたので始めてみます。

 

〇〇しなきゃいけない

 

はただの自分が作った

たしかにビジネスには成功のセオリーがあるのも事実だけど

私は自分が作った幻の箱に囚われすぎていた気がする。

 

自分を箱の中に閉じ込めるのも、解放するのも自分。

 尊敬する人におすすめされた本をもう一度読み返してみようっと。

自分が箱の中にいることにまず気づくこと。

それが大切な気がする。

 

自分の小さな「箱」から脱出する方法

自分の小さな「箱」から脱出する方法

  • 作者: アービンジャーインスティチュート,金森重樹,冨永星
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2006/10/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 156人 クリック: 3,495回
  • この商品を含むブログ (418件) を見る
 

 楽天ブックスからも買えます⬇︎

 

写真は、先輩であり友人であるYさんとランチで食べたカレー。

ごはんがバターライスになってておいしかった〜! 

弘前市土手町 HYPE カレーランチ

f:id:omochilog:20191029125658j:plain

HYPE カレーランチ